YOLトップ 北海道発トップ 知床特集トップへ戻る
知床特集

知床関連記事

世界遺産の「温泉」 自家用車で行ける

天然温泉が流れるカムイワッカ湯の滝で、湯たまりにつかる人々

 落石防止工事のために一般車両の通行が禁止されていた世界自然遺産・知床の道道知床公園線「知床五湖―カムイワッカ湯の滝間」(約11キロ)が1日、開通した。この結果、6年ぶりに自家用車の乗り入れが可能になった。

 カムイワッカ湯の滝は30度前後の天然温泉が流れる滝として知られる。自家用車で入れるのは、四つある滝のうち、18台程度の駐車スペースと臨時トイレが備えられている「一の滝」付近まで。

 午前11時に開通すると、次々と車がゲートを通過していった。観光客や地元住民は、長靴やサンダルで滝に入り、早速、川を上っていった。流れのない場所では水着姿で湯の感触を楽しむ人もいた。

 なお、8月1〜25日と9月15〜24日は、環境保全などのために自家用車の乗り入れは禁止され、有料のシャトルバスが運行される。

 リスト一覧へ戻る