YOLトップ 北海道発トップ 知床特集トップへ戻る
知床特集

知床関連記事

現地窓口 空きツアー紹介へ

知床五湖のコース案内看板。ガイド協議会の窓口が付近に設けられる予定だ

 世界自然遺産・知床を代表する観光地の知床五湖(斜里町)で環境保全を目的に5月から行われている遊歩道の入域制限を巡り、制度の周知不足から観光客の苦情が相次ぎ、関係者から「世界遺産観光」への影響を懸念する声が出ている。地元は入域に必要なガイドツアーの事前予約を知らずに訪れた観光客向けの専用窓口を7月から設け、対策に乗り出す。

 入域制限は、自然公園法の「利用調整地区制度」に基づき5月10日スタートした。事務を扱う知床財団によると、今月24日までに約2000人の有料入場者があったが、観光客から「ツアーに事前予約が必要とは聞いていない」などの苦情が絶えない。

 地元には「ヒグマの出没による遊歩道閉鎖やピーク期の混雑が減り、観光地としての魅力が高まる」との期待もあった。それだけに、観光関係者からは「今の状態が続けば、観光地としての評価が下がりかねない」との声も聞かれる。

 こうした状況を受けて、地元のツアー引率者らでつくる「知床ガイド協議会」は、予約のない客の専用窓口を知床五湖フィールドハウス入り口近くに新設。予約に空きのあるツアーに「当日客」を円滑に振り向け、観光客の不満解消を図る方針だ。

 

利用調整地区制度 知床五湖では「ヒグマ活動期」(5月10日〜7月末、1日定員300人)と、「植生保護期」(8月1日〜10月20日、同3000人)に分けて実施。「活動期」は環境省認定の引率者が同行するツアー(4500〜5000円)への参加(要予約)、「保護期」は大人250円、12歳未満100円の手数料が必要。

 リスト一覧へ戻る