YOLトップ 北海道発トップ 知床特集トップへ戻る
知床特集

知床関連記事

知床五湖GW有料化 結論次回に持ち越し

 世界自然遺産・知床の知床五湖で導入されている「利用調整地区制度」で、環境省は8日、来年から期間延長となる4月下旬から5月9日について、入域料金を250円とする提案を、「知床五湖の利用のあり方協議会」に示した。しかし、委員からは、有料化への反対意見もあり、対案とともに検討することを確認、来年度の料金などの決定は次回に持ち越した。

 環境省は、今年度は5月10日までは自由に入れたが、来年度からは4月下旬から大型連休中を含め植生保護期とすることを提案した。しかし、観光客への影響を心配する声があり、斜里町の知床世界遺産センターで開かれた協議会では、委員から有料化への反発や料金を引き下げられるかという質問が出た。

 リスト一覧へ戻る