YOLトップ 北海道発トップ 知床特集トップへ戻る
知床特集

知床関連記事

知床岬先端部 たき火跡発見…環境省など調査

 環境省や道など5機関は世界自然遺産・知床岬の先端部分の利用状況を調査する合同巡視を26日に行い、啓吉(けいきち)湾では禁止されているたき火の跡が確認された。合同巡視は知床岬の適正利用を目的に関係機関が1997年から毎年実施し、この日は11人が参加した。

 環境省などは岬先端部への動力船での上陸やたき火などを禁止しているが、今回の調査では、啓吉湾でたき火跡が確認された。昨年の巡視では確認されておらず、1年以内に岬に上陸して火をおこしたとみられる。

 環境省羅臼自然保護官事務所の三宅悠介自然保護官(28)は「世界自然遺産の核心部でもあるので、適正なルールを守って使ってほしい」と呼び掛けている。

 リスト一覧へ戻る