YOLトップ 北海道発トップ 知床特集トップへ戻る
知床特集

知床関連記事

雄大 春の羅臼岳…知床横断道路が開通

 知床横断道路(国道334号)が2日、開通した。過去、最も開通の遅かった昨年(6月1日)に比べると約1か月早い。開通にあわせて知床峠(738メートル)付近のもやも消え、訪れた観光客は約半年ぶりの雄大な景色を満喫していた=写真=。

 横断道路の開通区間は、斜里町側と羅臼町側を結ぶ23・8キロで、通行時間は当面、午前10時〜午後3時半となる。2日朝は小雨交じりの天候だったが、午前10時の開通から30分ほどたつと知床峠付近のもやが晴れ、羅臼岳の頂が姿を現した。

 津別町から訪れた主婦大矢根裕子さん(55)は「今日は眺望が悪いと覚悟していたので、羅臼岳を見ることができてラッキーだった」と、声を弾ませていた。

 リスト一覧へ戻る