YOLトップ 北海道発トップ 知床特集トップへ戻る
知床特集

知床関連記事

知床横断道の除雪 急ピッチ

道路に積もった雪を豪快に飛ばす除雪車(7日午前10時33分、北海道羅臼町で)=村石綾撮影

 北海道の知床半島を横切る知床横断道路(国道334号)で、冬季通行止め区間の除雪作業が7日、報道陣に公開された。

 国土交通省北海道開発局によると、通行止めとなっているのは羅臼町湯ノ沢―斜里町岩尾別間の23.8キロ。昨年11月10日から規制され、3月20日に除雪作業が始まった。

 この日、現場では積もった雪をショベルカーが切り崩し、後続のロータリー車がうなりを上げながら豪快にはね飛ばしていた。

 今冬は暴風雪が相次いだため積雪が例年より1〜2メートル多く、雪壁の高さが6メートル近い場所もあった。作業は急ピッチで進んでいるが、大型連休前の開通は厳しい状況という。

 リスト一覧へ戻る