YOLトップ 北海道発トップ 知床特集トップへ戻る
知床特集

知床関連記事

残雪の知床 満喫…横断道開通

 北海道斜里町と羅臼町を結ぶ「知床横断道路」(国道334号、23・8キロ)が1日、冬季閉鎖から約半年ぶりに開通し、知床に春の観光シーズンが到来した。開通時期は例年並みで、昨年よりは1日早い。

 午前10時、斜里町側のゲートが開けられると、観光客らの車が雪が残る原生林に囲まれた道路を次々と走り抜けた。この日は好天に恵まれ、知床峠の展望台では羅臼岳を背景に観光客らが記念撮影していた=写真、原中直樹撮影=。

 妻と訪れた静岡県御殿場市、会社員男性(47)は「知床は3年ぶりだが、何回来ても奇麗な風景だ。世界自然遺産にふさわしい」と話していた。

 開通時間は当面、雪崩や路面凍結の恐れがあるため、午前10時〜午後3時半に限定され、段階的に拡大されていく。

 リスト一覧へ戻る