YOLトップ 北海道発トップ 知床特集トップへ戻る
知床特集

知床関連記事

知床の動植物情報発信…自然センター改装、20日開館

新設のレクチャーコーナーでエゾシカの角を手に説明する職員(知床自然センター提供)

 知床自然センター(斜里町)が、大規模改修工事を終えて20日に新装オープンする。知床の動植物などについて職員が語る「レクチャーコーナー」の新設や、英語対応が可能な職員を新たに配置するなど、観光客がより多くの情報を得られる施設に生まれ変わる。

 同センターは1988年開館。例年約15万〜20万人が訪れるが、「フィールドを知り、楽しむための国際ビジターセンター」を理念に初の改修工事を行った。

 改装の目玉はレクチャーコーナーの新設。知床財団の職員がヒグマやエゾシカなどの動物、植物について散策の際の見所や注意点を1日に数回、解説する。

 大型映像施設では、英BBC放送の自然ドキュメンタリー番組「BBC EARTH」で、知床にも生息するシマリスが題材となった作品を新規上映する。

 急増する訪日外国人向けに、映像施設で上映してきたオリジナル作品に英語、中国語の字幕を新たに導入。英語で対応できる職員も配置する。

 知床財団公園事業係の秋葉圭太さんは「センターに立ち寄って様々な情報を得ることで、知床をより安全に、何倍も楽しんでもらえるはず」と話している。

 リスト一覧へ戻る